プッカの毎日ぶろぐ

30歳を期に離婚した女。

【無水調理】ストウブとホットクックのターゲット層は全然違います。

こんにちは、プッカです。

私はホットクックに出会って無水調理の沼にハマってしまいました。
本当にただ煮込むだけでとってもおいしい料理ができてしまうんですよ。

見事に沼った私はストウブも購入してしまったのですが、両者ともなかなかのお値段なので手を出しづらい代物なんですよね。
ストウブについて調べていると、ホットクックと悩んでいる人が結構いることに気付きました。
この記事では、そんな人に向けてホットクックとストウブの違いについてお話したいと思いますっ

ちなみに私が購入したストウブは、ピコココット ラウンド20cmです。
最初に購入するストウブはこれがおすすめみたいですっ

 

 

どっちがおいしいの?

同じ無水調理でも、ボタン一つで料理ができてしまうホットクックと単なる調理器具のストウブでは料理の過程が全然違いますよね。
ご想像道理かと思いますが、ストウブの方が断然料理は美味しく出来上がります。
ホットクックでは無水カレーをよく作っていたのですが、煮詰めるという工程がなかったので結構水っぽかったりするんですよ。
(最新のホットクックは煮詰め機能がついていますが、手を加える必要があるとなるとホットクックの魅力が半減するのでここでは考慮しないことにします)
それもあって適度にアレンジできるストウブの方がおいしい料理を作るにはもってこいなんです。

料理のレパートリーは?

これもストウブの圧勝です。
ホットクックはたくさんレシピがあるんですけど、使っているうちに固定化されて同じメニューのルーティーンになります。正直公式のレシピはそこまで美味しくないのです。。なので、私は勝間和代さんのロジカルクッキングを参考に料理をしていました。
ストウブでも作り方はホットクックの時とほとんど同じですが、ステーキだって焼けちゃうし揚げ物も可能なのがストウブなのです。
ステーキ、いい感じに予熱調理されて本当においしかった…!

料理の手軽さは?

これはホットクックの圧勝です!
食材を入れてボタンを押せば数十分後には料理が完成しています。
ホットクックに料理をセットして、そのままお風呂に入ってのんびり〜なんてことができちゃうんです。予約調理もできますし、自炊したいけど時間がない!って人には本当にオススメです。
ストウブは中火で沸騰させた後に弱火に変更するんですけど、10分くらいかかるのでその間はストウブにつきっきりになってしまいます。その後も火事にならないよう注意しなきゃなので料理中はずっとストウブに意識を奪われます。

 

メンテナンスのしやすさは?

これは両者引き分けかなぁと思います。
ホットクックは料理するたびに細々としたパーツを洗わないといけません。食洗機OKとはいえ、かき混ぜユニットを洗うのが結構めんどくさいです。
ストウブはとりあえず重いんですよね!あとサビにも気をつけなきゃなので、料理後にすぐに洗った方がいいのですが、急激に冷やすのは厳禁なので鍋が冷めるまで待たなきゃです。

 

結局どっちがオススメなの?

同じ無水料理鍋でもターゲット層が全然違う代物だということがわかりましたね。

ホットクックをオススメしたい人は、
・料理が苦手だけど、自炊をしたいという人
・料理中の時間を有効活用したい人
・家に帰ってっきてすぐ料理を食べたい人(予約調理)

ストウブをおすすめしたい人は、
・多少手間をかけてもおいしい料理を作りたい人
・料理の見た目にもこだわる人
・1台でさまざまな料理にチャレンジしたい人

 

という結論になりましたっ
個人的には最初に買うならホットクックをおすすめします。
基本的なレパートリーはどちらでも作れるので、ホットクックで無水調理の素晴らしさに気づいたらストウブ沼にズブズブと浸かっていけば良いと思います。笑
ホットクックでめんどくさくなって使わなくなった人はきっとストウブも使わないと思います。
私は見事に沼にハマったので、ストウブをゲットしてからまだ1ヶ月も経っていませんが、2台目の購入を目論んでいます。笑
あ、ストウブはふるさと納税でゲットすることも可能なんです。
私はふるさと納税でゲットしました!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
みなさんも無水調理の沼に足を踏み入れてはいかがでしょうか。笑

ではでは。